いくらかかる?不動産売買の仲介手数料相場

仲介手数料の相場を知ってみよう

不動産を売買する前に知っておこう

ここまで読んでみて「仲介手数料って言葉はなんとなく聞いたことがあるけれど、どんなものなんだろう」「ちょっとでもいいから知ってみたいな」という方も多いでしょう。 このコラムではまず、仲介手数料がどういったものなのかを、簡潔にですがお書きします。

仲介手数料を知らない人たちのために

住宅会社で新しい家を建てたり、親族が亡くなったりして遺産として受け取った不動産が不要な物件になり、土地を不動産屋さんを通じて売ってもらおうとしたり、逆にどこかの土地を買おうと不動産屋さんのドアを叩いたことのある方や、この先土地や物件を売ったり買ったりする予定のある方も大勢いらっしゃるでしょう。

しかし賃貸も賃貸会社を通じて賃貸契約をするときと同じように、不動産を売買する時には個人間だけで取引をしない限り「仲介手数料」といったものが発生してしまいます。
「何それ」と初耳の方も多くいらっしゃるでしょう。
そんな方のために、今回このサイトではその件に関して詳しくお話します。
全く知らない状態で売買のやり取りをしたりするよりも、最低限の知識を得ている状態でやり取りをした方が自分に損にならない結果になるでしょう。

この際、大抵の場合は不動産を売買する時には不動産屋さんにお願いすることになるでしょう。
彼らはその道のプロですから、売るための宣伝もしてくれますし、買うために横のつながりを利用して希望に合った物件を探してくれたりします。

そこで、めでたく不動産の売買の契約が成立した時に支払うのが、仲介手数料というものです。
これは法律で契約金額の何パーセントと決められていますので、金額が高ければ仲介手数料も高くなります。
売り手は売り手側の不動産屋さんに支払い、買い手は買い手側の不動産屋さんに支払うといった具合です。

どれくらいが相場になるか

仲介手数料を払うとなると、気になるのはもちろん「いくらなのか」ですね。 手数料の上限は決められていますが、基本になるのはやはり不動産の価値です。 不動産会社の定めたパーセンテージにもよりますが、基本的には売買する不動産が高ければ仲介手数料も高くなるという単純なシステムになっています。

最近は無料のケースも

不動産売買には基本的には仲介手数料が発生すると考えておくべきですが、場合によっては支払わなくて良い時もあります。 仲介手数料は法律で決められていますが、上限を定めているので交渉によっては 安くなったりすることもあります。 また、物件が不動産屋所有であったり、住宅会社所有の場合などは無料になる事もあります。

TOPへ戻る