仲介手数料の相場を知ってみよう

不動産を売買する前に知っておこう

簡単に言うと

この言葉を一言で言うとその名の通り「手数料」ですね。

住宅を売買するときには取引を行いますが、売り主と買い主が直接やり取りするというのはあまりよろしくないです。
特に知り合い同士だとなあなあになってちゃんとした取引にならなかったり、余計なトラブルになりかねないのでほとんどありえません。

そのため大抵の場合には不動産会社が間に入ります。
不動産会社が意見の調整や契約などの事務的な事をしてくれます。
彼らがいてくれるから売り主買い主間でスムーズなやり取りが出来るのです。

その不動産会社側に支払う手数料がいわゆる「仲介手数料」というものになります。
まあざっくり言いますと、売り主と買い主両者からの不動産会社へのお礼のお金でしょうね。

報酬はどうなっている?

ではこの仲介手数料はいつどこで発生することになるのでしょうか。
それはズバリ「契約成立後」になります。

通常はその取引が成立した時点で支払う成功報酬になります。
なので話し合いや物件を見に行くとか最初の時点ではまず金額の発生はありえません。
また、当然のことですが売り主が売却の依頼をしたり、買い主が購入の依頼したが、話し合いが決裂したりあと一歩のところで契約の話がおじゃんになったら手数料は発生しません。
あくまでも契約が成り立たないと支払う義務は発生してきません。

中には契約が不成立でも、それまでの手数料を支払って欲しいと言ってくる不動産会社がありますが、それは違法で経営している業者ですのでご注意ください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る