仲介手数料の相場を知ってみよう

どれくらいが相場になるか

こういう方式です

仲介手数料の計算方法ですが、金額ごとによって異なります。

200万円以下の物件の場合は、売買価格に5%を掛けて税金をプラスした金額になります。
200万円から400万円の物件は、売買価格に4%を掛けてさらに2万円と税金をプラスします。
そして400万円以上の物件でしたら、売買価格に3%を掛けて6万円と税金が入ったのが金額です。

ここまで読んで気になったのが2万円とか6万円などの中途半端な金額でしょう。
これは利率から出た金額を調整するためにある金額なんです。
これがあるからきれいな金額になるし、計算も簡単になります。

そしてこれがわかっていれば自分が売買しようとする土地の金額が判明した時点で仲介手数料も自動的にわかるということです。

費用の取り扱い

計算方法や仕組みがわかったところで、仲介手数料をいつごろ支払うのがベストなのかをお話します。

売買の契約が成立した時点で不動産会社側は仲介手数料の請求権が発生しますが、もしも仮に契約成立と同時に仲介手数料の全額を支払っても違法にはなりません。
ただ、この時点では物件や土地の正式な引き渡しが完了していませんので、一般的には契約の時点で仲介手数料の半分を支払って、残りの半分を引き渡し時に支払うケースが多いでしょう。

確かにいくら契約したからと言ってもまだ正式に自分のものになったわけではないから、さすがにその場で全額まるまる支払うのは不安ですし、リスクも高いですよね。
それに不動産会社側も全額支払えと強制はしませんので本当にレアケースなんでしょうね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る