仲介手数料の相場を知ってみよう

最近は無料のケースも

支払うべき時とそうでない時

不動産を売買するには、どういった状況や条件があるでしょう。
いずれにしても買い手や売り手を探さないといけませんね。
幸運にも自分で探せればこの仲介手数料は払う必要はありません。
実はあまり知られていませんが、住宅会社で新築を建てるときも、買う土地がその住宅会社が所有している場合は仲介手数料は免除される場合が多いです。

その理由としては、売りに出した時点で不動産会社側が負担しているケースが最近多いからです。

ただ、不動産会社側が代理でやり取りをしていたり、不動産会社側が別のところから仲介している場合は発生してきます。
一体どういう仲介の状況なのかは契約前、やり取りの時点で先方に問い合わせてみるのが得策でしょう。

意外なからくり

多くの方々は、不動産を売買した時には仲介手数料が発生するものだと思っておられると思います。
実際、基本的にはその通りなのですが、場合によっては支払わなくてよいケースもあるんです。
まず、仲介手数料は法律で定められたものですが、それは手数料の上限を規制しているものであり、絶対に支払わなくてはならないといった意味の法律ではありません。
不動産を誰が所有しているかによっては、仲介手数料は払わなくてよい場合もありますし、場合によっては値引き交渉も可能なのです。
例えば、土地を購入しようとした場合にたまたまその土地をその不動産会社が所有していた場合などは、仲介手数料は支払わなくてよい場合が多くあります。
支払いが発生したとしても、こういった場合は値引き交渉が十分できるケースと言えるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る